いつから始める?保育士が新年度4月から新しい園で働くための転職活動スケジュールとは? | 保育士の求人・転職・募集ならあしたの保育士

保育士の求人・転職・募集ならあしたの保育士 > お役立ち情報 > 保育士コラム > いつから始める?保育士が新年度4月から新しい園で働くための転職活動スケジュールとは?
  • 保育士コラム

いつから始める?保育士が新年度4月から新しい園で働くための転職活動スケジュールとは?

更新日:2021年10月11日


10月~年末に掛けては、来年度の勤務継続調査や面談がスタートすることが多い時期です。来年度4月から新しい園で仕事を開始するには、どういうスケジュールで転職活動を進めていけば良いだろう?
と悩まれている方も多いのではないでしょうか?本日は、新年度からスムーズに新しい保育園でお仕事をするための【転職活動スケジュール】をご紹介します!現職中の転職活動は想像以上に大変です。余裕を持って活動していきましょう。


【4月入職の転職活動スケジュール】


■8月~10月


・転職するかどうかを決める

・自分の経験や特技、スキルの棚卸し

・自己分析

・応募書類の作成(履歴書、職務経歴書)

・求人サイトや紹介会社で求人を探す


■10月~11月


・応募先の選定

・園見学の実施

・応募先別の書類作成(履歴書、職務経歴書)

・求人応募

・面接対策

・面接実施


■11月~1月


・内定獲得

・園長へ退職意志の申し出

・引継ぎ資料の作成


■2月~3月


・退職事務手続きの実施

・最終出社日の調整(有給休暇日数の確認)

・退職


■4月入社はいつから転職活動をスタートすれば良いの?


自己分析や書類の作成は、転職を考え始めたタイミングでいつでもスタート可能です。応募に関しては、10月~多くの園で来年度の継続調査をスタートするため、同時に求人数が多くなり始めます。
特に、新園や人気のある保育園の場合、募集開始と共にすぐに応募が殺到し、求人が終了する園も多いでしょう。また、広いエリアで系列園を複数運営している法人などは、早く応募をすれば希望する地域での入職が可能な場合もあります。人気のエリアは応募が集中しやすいため、勤務地のこだわりが強い方は、遅くても秋口から情報収集を開始しましょう。


■公開されない求人があるって知っていた?


実は、HPや求人情報にあえて求人を出さないケースもあるのをご存じでしょうか?保護者や現職員に募集を知られたくない場合。また、人気がある求人は、求人を出すことで応募が殺到し、採用担当者が書類選考をする際に手間がかかる場合です。その様な場合は、紹介会社に求人を共有し、ご経験やスキルなど希望に合致する厳選された応募者の方とやり取りを行うため、ネットで検索をしても求人票が出て来ることがないのです。


あしたの保育士では、


非公開求人を含む10,000件以上の求人をご用意しています。1人では出会えなかった求人との出会いがありかもしれません。
是非、4月入職を希望する保育士さんはお気軽にご相談ください。


【関連コラム】


どうする?保育士の勤務意向調査の答え方


保育士が新園で働くメリット・デメリット


保育士が突然辞める前にすべき4つのこと