新卒1年目の保育士が「保育士を辞めたい理由ベスト3」 | 保育士の求人・転職・募集ならあしたの保育士

保育士の求人・転職・募集ならあしたの保育士 > お役立ち情報 > 保育士コラム, 新卒 > 新卒1年目の保育士が「保育士を辞めたい理由ベスト3」
  • 保育士コラム
  • 新卒

新卒1年目の保育士が「保育士を辞めたい理由ベスト3」

更新日:2021年07月27日


4月から新卒で保育士として仕事をスタートして早数カ月。

憧れや希望を持って
保育士になったのに、
「あれ?イメージと違う!」
「もう辞めたい…」
と思っている方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

とは言え、
新卒保育士さんの場合は
今の悩みがその園特有の場合なのか、
保育園で働く職場が全てそうなのか
見分けが付かないですよね。

そこで今日は
新卒1年目の保育士さんが
抱く転職理由ベスト3をご紹介!

【1】教育制度が整っていない


入社当日、急に保育に入ってと言われてしまった。
どの先生も忙しそうで、自分から「教えて下さい」の一言が言えない・・・。

・勇気を振り絞って伝えたら、今度はとても不機嫌な顔をされた。

・良かれと思って、自己流にやってみたが、何で分からないって言ってくれないの?と怒られた。

・先生ごとに違う回答をして、何が正解か分からない。

こんな経験をされている新人保育士さんも多いようです。
安全な保育のために、先輩に「まずは確認をする」と実習では学んだのに、
先輩の顔色を伺いながら、ビクビクしていませんか?


【2】人間関係が悪い


選考時には「チームで連携して取り組んでいます!何でも言い合える職場です!」と
言っていたはずなのに・・・。

陰口。悪口。暴言。が日常茶飯事。
自分の失敗を後輩の私に擦り付けるような先輩がいる。

また、保護者対応でトラブルになった時に園長や主任がサポートしてくれないと、
より園への不信感がより高まってしまうようです。

ただし、人間関係に関しては
どこの職場でも大なり小なりトラブルは付き物。
そういった場合に、その職場に相談できる相手がしっかりいるかを見極めのポイントとしましょう。
主任や園長に報告し、改善が見られるかどうか、まずは行動してみましょう。

【3】雑務が多い


・保育士=子どもと触れ合う仕事をイメージしていたが、想像以上に書類作成が多かった!

・保育以外の時間帯に考えなければいけないことも多く、デスクワークも多いことが分かった。

・作り物の雑務=新人の仕事という暗黙のルールがあり、持ち帰り仕事などオーバーワークしないと仕事が終わらない。

という悩みも多く見られます。


■保育士1年目でも転職できるの?


答えはYES

ただし、転職理由が「他責」ではないか。をまずは考えてみてください。

【1】~【3】のケースも含め、自分の努力ではどうにもならない理由でしょうか?

教育・評価・勤怠制度などで改善が整っていないという本人の働きかけで改善が見られない

ケースかどうかをチェックしましょう。

入職して1年目なのに無責任。他でも続くかな?

関わってきた子どもたちに申し訳ない…。

と思っている方はとても責任感が強い方だと思います。

同時に、責任感が強いが故に

自分自身で不満を抱え込んでしまい、メンタル面に不調を抱え、

休職から復職できなくなってしまうケースも多く見られます。

そして、それがトラウマになり、保育の仕事が2度とできなくなってしまう方もいます。

自問自答した結果、

転職を少しでも考えられた方はまずは在職中に情報収取をしてみましょう!

あしたの保育士では

保育業界専門のアドバイザーがあなたにぴったりな求人を

ご紹介します!


「転職をするかどうか悩んでいる…」


まずはそこからご相談ください。


【関連コラム】


保育士のいじめの体験談


保育士の人間関係をよくする改善策


保育士の涙が止まらない理由と対処法