保育士の求人・転職・募集ならあしたの保育士 > お役立ち情報 > 保育士コラム, ストレス > 保育士に多いうつ病の症状
  • 保育士コラム
  • ストレス

保育士に多いうつ病の症状

更新日:2021年04月25日


保育士のなかにはうつ病に悩まされている人もいます。

大切な子どもたちを預かる職場。だからこそ、つらいことや苦しいことも多く、なかには人知れず悩みを抱えている人もいるでしょう。

そんな苦労の絶えない、保育士が抱えているうつ病の症状とは?

「私、もしかしたらうつ病かも?」と感じている人は、下記の症状に当てはまるか、確認してみてくださいね。

もくじ


保育士にありがちなうつ病の症状を紹介


うつ病は心のSOS!気づいたらすぐに休ませてあげて


保育士にありがちなうつ病の症状を紹介


保育士がよく抱える4つのうつ病の症状をお伝えします。


1.憂うつ、気分が悪い


朝起きてもやる気が出ない、身体が重い

食欲が湧かなかったり、ぐっすり眠れなかったりするもいると思います。

このような症状が2週間ぐらい続いたら、うつ病を疑ってもいいでしょう。

最初は「ちょっと疲れているのかな?」ぐらいにしか思わないかもしれませんが、何をしても改善されないようでは、これは立派なうつ病です。

心療内科に相談に行くなど、対処法を考えましょう。


2.頭痛、肩こり、動悸などがする


うつ病の症状が、身体に表れる人もいます。

覚えのない頭痛や肩こり、動悸などがずっと続くようでしたら、うつ病の可能性があります。

「うつ病は心の病気」という認識が一般的ですが、最近は身体にその症状が表れることも学術的に証明されています。

そのため、「なんだか最近、頭や肩が痛い」という人は、原因不明の場合、うつ病も疑ってみたほうがいいかもしれません。


3.過度な体重の増加または減少


うつ病がきっかけで、過食症や拒食症になってしまう人もいます。

最近、食欲がコントロールできない、という人はうつ病の可能性を疑ったほうがいいかもしれません。

特に見た目での中傷を受けた場合などは、過度に自分の体型を気にして、過食または拒食などの行為に走ってしまうことがあります。

「食欲がない」または「つい食べ過ぎてしまう」といった場合も、一度心療内科に相談したほうがいいでしょう。


4.興味を持てなくなったり、イライラしやすくなったりする


好きだったことに興味が持てなくなったり、少しの言動にいらだってしまったりする

何かあるごとに不安を隠せなくなったり、自分を責めてしまったり、つい物事を悪いほうばかりに考えたりしてしまうのも、精神面に問題が生じている可能性があります。

感情の起伏が激しくなるのも、うつ病が原因かもしれません。

好きなことをして気晴らしをしようにも、やる気が出ない。

イライラして、集中できない。

そのようなときは、まず心も身体も休ませて、ゆっくり状態を整えてから、次の一歩に踏み出しましょう。


うつ病は心のSOS!気づいたらすぐに休ませてあげて


やる気が出ない、食欲がない、眠れない、何だか身体が重い…。

すべて気のせいだと思っていませんか? それはあなたの心が発しているSOSかもしれません。

SOSを無視して、無理し続けていると、いつか心がポキンと折れてしまいます。

そうなると、復帰するのにも時間がかかります。

大切な自分自身を守るためにも、うつ病のサインに気づいたら、すぐさま精神科や心療内科などに相談する。

そして、適切な処置を受けて、新たな生活を始めていきましょう。

当サイトでは全国の保育士の求人状況についてご紹介しています。
各地域の求人状況は以下からご確認ください。

宮城の求人状況はコチラ

北海道の求人状況はコチラ

東京都の求人状況はコチラ