• 保育士・面接対策

保育士の転職が上手く決まらない原因

更新日:2021年02月17日


転職したいのに、なかなか就職先が決まらない!
そんな悩みを抱えている保育士も少なくないと思います。
ここでは、保育士の転職が決まらない原因を紹介。
ぜひこの記事を参考にして、転職活動に活かしてくださいね。


もくじ


■保育士が転職できない4つの理由


■転職が決まらないときは行動を変えてみるべき!



■保育士が転職できない4つの理由


保育士の転職が決まらないよくある原因を4つ紹介します!


1.履歴書や職務経歴書の内容が不十分


履歴書や職務経歴書の内容に問題があり、転職先が決まらないケースもあります。
例えば、自己PR欄ではしっかり自分自身のことをアピールできていますか?
「私は平凡だから……」「特技なんてないし……」とよくありそうな例文等をただ写しているだけではいけません。
採用担当者は履歴書や職務経歴書を通じて、“あなたがどんな人物なのか”を見極めようとしています。
「とりあえず書いておけばいいや!」などといい加減に書いてはいけませんよ。


2.面接対策を行っていない


履歴書や職務経歴書はクリアしても、面接でつまずいている人もいると思います。
忙しいかもしれませんが、面接もぶっつけ本番は望ましくありません。
できる限り周到に準備しておきましょう。

質問には「イエス」「ノー」だけでなく、あなたの思いが伝わるよう、具体的なエピソードを盛り込んだり、感情を込めて話したりするとより相手に気持ちが届きます。
転職理由やその園を選んだ理由、自己PRなど面接で聞かれる質問はだいたい決まっています。
事前に予想して、すんなり答えられるよう練習しておきましょう。


3.就職先の条件が高すぎる


勤務時間や給料など「絶対こういう園で働きたい!」という理想が高すぎると、就職先が決まらないどころか、そもそも見つけることに難儀してしまいます。
せっかく理想の園を見つけたとしても、たいていそのような募集には応募が殺到します。
倍率が高く、通る見込みは低いでしょう。

長期間、就職活動を行っているのに、なかなか決まらない場合は、条件が高すぎるのかもしれません。
少し希望を下げて就職活動をすることで、採用というゴールへの道のりが縮まると思います。


4.スキルや知識、実績などが欠けている


人によっては、保育士としての十分なスキル、知識、実績などが欠けていることもあると思います。
特に異業種からの転職など、実績がない場合は採用通知を受け取るのは難しいかもしれません。
しかし新卒の場合は学生時代の経験、異業種からの転職だった場合も当時働いていたときの知識・スキル・経験など仕事に役立つものは色々あるはずです。
改めて自己分析して、不足していると思う知識・スキルなどあれば事前に補っておくといいでしょう。


■転職が決まらないときは行動を変えてみるべき!


保育士の転職が決まらない原因をお伝えしました。
長期間就活をしても、勤務先が決まらない……。
長引く不況などの影響もありますが、あなた自身に問題があるケースもあると思います。
「なかなか決まらないな……」と落ち込んでいるときは、改めて自分自身について棚卸してみてください。
「履歴書の書き方が雑だったかも」「面接対策をもっとしっかりやろう!」などやるべきことを行うことで、新たな未来が開けるかもしれませんよ。


当サイトでは全国の保育士の求人状況についてご紹介しています。
各地域の求人状況は以下からご確認ください。

宮城の求人状況はコチラ


北海道の求人状況はコチラ


東京都の求人状況はコチラ