保育士は副業できるのか | 保育士の求人・転職・募集ならあしたの保育士

保育士の求人・転職・募集ならあしたの保育士 > お役立ち情報 > 保育士コラム, 副業 > 保育士は副業できるのか
  • 保育士コラム
  • 副業

保育士は副業できるのか

更新日:2021年06月17日


保育士って副業していいのかなぁ……?

昨今、話題になることが多い副業。「もうちょっと稼ぎたい!」と思っている保育士さんのなかには、興味がある人も少なくないのではないでしょうか?

ここでは、保育士の副業は大丈夫なのかについて解説。

気を付けておきたいポイントについても一緒にお伝えしています。

もくじ


保育士の副業はOK?


保育士が副業をするうえでの3つの注意点


園によっては、保育士でも副業は可能!


保育士の副業はOK?


そもそも、保育士が副業することは認められているのでしょうか?

まず私立の保育園の場合は就業規則を確認しましょう。

私立は法律で副業が禁止されていることはありませんが、園によっては就業規則にてNGにしているところもあります。

事前に確認しておき、とくに問題ない場合でも、トラブルに発展しないよう事前に経営者に相談しておきましょう。

公立の保育園の場合は、法律にて副業が禁止されています。

そのため、ちょっとだけであっても行ってはいけません。

解雇の理由になります。

保育士が副業をするうえでの3つの注意点


以下、保育士が副業をするうえで気を付けたほうがいいポイントです。

1.精神的、体力的に問題ないか


まず精神的、体力的に問題がないか確認しましょう。

お金に余裕がないため始める人が多いと思いますが、仕事を頑張りすぎて、身体を壊してしまったら元も子もありません。

保育士はもともと体力勝負の仕事です。

職場で副業が認められているとしても、オーバーワークにならないよう気を付けましょう。

2.税金の対応はできるか


副業をして収入が増加した分、支払わなくてはならない税金も増えます。

副業で稼いだ金額が20万円を超えたら確定申告が必要です。

ただし20万円以下であっても、各市町村に住民税は納めなくてはならないので、申告の手続きを行っていきましょう。

一般的に住民税は会社から天引きされるケースが多く、住民税が増額すると、「副業をしているのではないか?」と疑いを持たれることがあります。

その場合、「普通徴収」を選択すれば、個人の口座から引き落としてもらえるので、利用することをおすすめします。

3.保護者に見つかり、あらぬ噂を立てられるかもしれない


家の近所に保育園や副業先がある場合、保護者に副業している姿を見られてしまうかもしれません。

仕事内容によっては「あの人、〇〇の仕事をしているの?」と不審がられてしまうこともあるでしょう。

近所の人に見られたくない場合、ライターやデータ入力など自宅でできる仕事を選ぶのも一つの手です。

近年は在宅ワークの求人も増えています。

高収入や短期など人気条件の求人も少なくないので、ぜひチェックしてみましょう。

園によっては、保育士でも副業は可能!


園によっては、保育士は副業も可能です。

しかし体力的にもきつく、職場の反感を買う可能性もあります。

そのため、できればしないで済むほうがいいですよね。

また、転職して基本給や賞与をアップさせるという方法もあります。

「お給料を増やしたい」と思っている人は、転職による給与アップも考えてみてください!

当サイトでは全国の保育士の求人状況についてご紹介しています。
各地域の求人状況は以下からご確認ください。

宮城の求人状況はコチラ

北海道の求人状況はコチラ

東京都の求人状況はコチラ