正社員の保育士として働く4つのメリット | 保育士の求人・転職・募集ならあしたの保育士

保育士の求人・転職・募集ならあしたの保育士 > お役立ち情報 > 保育士コラム, メリット > 正社員の保育士として働く4つのメリット
  • 保育士コラム
  • メリット

正社員の保育士として働く4つのメリット

更新日:2021年04月26日


正社員の保育士として働きたいと考えている人も多いと思います。

では、正社員の保育士のメリットとはいったい何なのでしょうか? パート・アルバイトとは何が違うのでしょう。

ここでは、正社員として勤務する利点を紹介します。

もくじ


正社員の保育士の4つのメリットを紹介


正社員として働くことで、さまざまなメリットを享受できる


正社員の保育士の4つのメリットを紹介


正社員の保育士として働くことのメリットをお伝えします。

1.給与が安定している


まず正社員のメリットとして挙げられるのが、給料の安定性です。

正社員は月給+手当を受け取ります。

毎月、決まった給料を受け取れるため、「今月、たったのこれしか給料がなかった」という羽目におちいることがありません。

パート・アルバイトだと時給制のため、「今月はあまり多くシフトに入れない」「体調を崩して休むことになってしまった」などの場合、その月の給料は大きく下がる傾向にあります。

毎月安定した給与を受け取りたい場合は、正社員を選んだほうがいいでしょう。

2.社会保険に加入できる


正社員は厚生年金保険や健康保険に加入できます。

厚生年金保険は国民年金より、将来、多額の年金を受け取れるので、老後の備えとして安心です。

パート・アルバイトでも、一定の条件をクリアすれば加入できますが、必ずしも被保険者になれるわけではありません。

またパート・アルバイトの場合、通勤手当や家族手当など、法定外福利厚生に関しては、受け取れないことが多いです。

手取り以外の保障も求めたい人は、正社員を目指したほうがいいでしょう。

3.責任のある仕事を任せてもらえる


一般的に、正社員がクラス担当の保育士として働き、パート・アルバイトは保育補助といったサポート業務を行うことが多いです。

人手の足りていない園では、パート・アルバイトでも正社員とほぼ同等の働きを求められることがありますが、園によっては、パート・アルバイトは準備・片付けなどの補助作業がメインだったり、連絡帳への記入などの事務作業はできなかったりすることがあります。

サポート業務のほうが楽でいいという意見もありますが、より責任感の求められる仕事がしたい人は、正社員を選んだほうがいいでしょう。

4.キャリアアップを望める


パート・アルバイトの場合、昇進・昇給はほとんど期待できません。

さらにキャリアアップしたいのであれば、正規社員への切り替えが必要です。

正社員だと、クラス担当や主任保育士、園長などさまざまなキャリアアップを望めます。

近年は保育士の昇進・昇給を支援する、キャリアアップ研修も用意されています。

長く働き続けることで、より良い待遇を得られる可能性は高いです。

さらなる高みを目指したい人は、ぜひ正社員として活躍してみましょう。

さらにパート保育士との違いについて知りたい方はコチラの”正社員の保育士とパート保育士の違い”の記事を、また臨時職員との違いについて知りたい方はコチラの”保育士の正社員と臨時職員の違い”の記事をご覧ください。

正社員として働くことで、さまざまなメリットを享受できる


正社員として働くメリットは理解できましたか?

正社員、パート・アルバイト、それぞれにメリット・デメリットがありますが、「長くこの仕事を続けたい」「キャリアアップしたい」「責任感ある仕事を任されたい」といった思いがある人には正社員がおすすめです。

ぜひ正社員として勤務して、より良い保育園になるよう努力していきましょう。

当サイトでは全国の保育士の求人状況についてご紹介しています。
各地域の求人状況は以下からご確認ください。

宮城の求人状況はコチラ

北海道の求人状況はコチラ

東京都の求人状況はコチラ