保育士の求人・転職・募集ならあしたの保育士 > お役立ち情報 > 保育士コラム, 保育士の悩み > 保育士の仕事がうまくいかないと思った時にすべき対処法
  • 保育士コラム
  • 保育士の悩み

保育士の仕事がうまくいかないと思った時にすべき対処法

更新日:2021年04月25日


夢だった保育士の仕事に就いたものの、子どもたちが言うことを聞いてくれない、保護者対応が難しい、園内の人間関係が複雑などさまざまな悩みを抱えることもあると思います。

そのような時、どう対処すべきか。

ここでは、保育士さんがうまくいかないと感じた時に、どのように対処すべきかをお伝えします。

もくじ


保育士の仕事がうまくいかないと感じた時の4つの対処法


仕事がうまくいかないと思った時は、仕事のやり方を見直そう


保育士の仕事がうまくいかないと感じた時の4つの対処法


保育士の仕事がうまくいかないと感じたら、何をすべきか。4つの対処法について解説します。

1.周囲に相談してみる


まずは信頼できる上司や先輩、同僚などに悩みを打ち明けてみましょう

特に歳の近い先輩などは、最近、同じような問題を克服した経験があるかもしれません。

「私も新人の頃は同じようによく悩んだよ」「私なんかこんな失敗しちゃったんだから」などと他者の話を聴くことで、前向きになれたり、次はこうしようというアイデアが浮かんだりする可能性があります。

一人で抱え込まずに、園の人に相談して、みんなで解決していきましょう。

2.報連相を徹底する


連絡漏れやコミュニケーションのずれなどで「うまくいかない」と感じる時は、報連相が徹底されていない可能性があります。

「このぐらい報告しなくていいや」と思っていませんか。

あなたからしてみたら「ちょっとしたこと」でも保護者からしてみたら、重大なポイントかもしれません。

話さなかったことが、のちのち大きな問題になる可能性もあります。

「大したことじゃないかもしれませんが」など枕詞を付けるなどして、細かいことでもとにかく報連相しましょう。

だんだん経験を積むことで、「このぐらいは大丈夫かな」といった感覚が研ぎ澄まされていくと思われます。

3.メモを取る


つい言われたことを忘れてしまった、などのうっかりミスが多い場合は、メモを取る習慣を付けましょう。

保育園の仕事は、細かな雑務が大量にあります。

その時は「OK」と返事しても、ほかの用事に気を取られているうちに、すっかり忘れてしまったということもあると思います。

そうならないためにも、面倒かもしれませんが、ちょくちょくメモを取るようにして、忘れないようにしましょう。

4.タスク管理をしっかり行う


やるべきことが多すぎて、期日までに仕事が終わらないと悩んでいる人もいるでしょう。

その場合、タスク管理を徹底することが大事です。

細かなことも含めて、すべての業務を書き出し、優先順位を付けていきます。

優先度の高いタスクから終わらせることで、大切な仕事が期日までに終わらないといった事態を回避できると思います。

些事もすべて書き出すことで、細かな用事も忘れづらくなる、一石二鳥の施策です。


仕事がうまくいかないと思った時は、仕事のやり方を見直そう


保育士の仕事がうまくいかないと思った時にすべき対処法を紹介しました。

保育士に限らず、新たに仕事を始めると、「うまくいかない」「どうしてこんな簡単なことができないのだろう」と悩むことがあると思います。

自分だけのような気がするかもしれませんが、みんな各々の方法で乗り越えているのです。

私だけなぜ? と思い悩むのではなく、どうしたら同じミスを繰り返さないか、方法を考えてみましょう。

多少面倒に感じても、しっかりこなしていくことで、ミスや間違いも減り、保育士としてスキルアップすることができるはずです。

当サイトでは全国の保育士の求人状況についてご紹介しています。
各地域の求人状況は以下からご確認ください。

宮城の求人状況はコチラ

北海道の求人状況はコチラ

東京都の求人状況はコチラ