• 保育士コラム

保育士求人倍率の都道府県ランキング

更新日:2021年01月13日


保育士が不足していると言われていますが、実際にはどれくらい求人が出ているかご存じでしょうか?
求職者(仕事を探している人)1人あたり何件の求人があるかを示す求人倍率という指標があります。

保育士の求人倍率は全国平均で2.29倍(令和2年7月時点)
全職種の平均が1.06倍ですので、おおよそ2倍
1人の保育士に2つの求人が出ている状況です。
では、各都道府県別だと、その差はどうでしょうか?

本日は全国の保育士求人倍率をランキングでご紹介します!

それではどうぞ!

全国保育士求人数 都道府県ランキング


※同率数の場合、同一順位で掲載

<TOP1~5位>


1位        大阪       3.51

2位        東京       3.15

3位        鳥取       3.12

4位        宮城       3.11

4位       茨城       3.11

<TOP6~20位>


6位        沖縄       3.08

7位        埼玉       2.85

8位        広島       2.76

9位        富山       2.61

10位      栃木       2.53

10位      神奈川   2.53

12位      徳島       2.47

13位      福島       2.46

14位      福井       2.33

15位      愛媛       2.28

16位      奈良       2.25

17位      新潟       2.23

18位      滋賀       2.22

18位      京都       2.22

20位      兵庫       2.19

<TOP21~30位>


21位      千葉       2.17

22位      岡山       2.15

23位      島根       2.12

24位      山形       2.04

25位      三重       2.03

26位      石川       1.98

26位      愛知       1.98

26位      鹿児島   1.98

29位      山梨       1.95

30位      福岡       1.92

<TOP31位以下>


31位      宮崎       1.83

32位      岩手       1.81

32位      静岡       1.81

34位      香川       1.75

35位      群馬       1.68

35位      大分       1.68

37位      岐阜       1.66

38位      秋田       1.65

39位      北海道   1.59

40位      青森       1.54

41位      佐賀       1.51

42位      高知       1.5

42位      熊本       1.5

44位      長崎       1.48

45位      和歌山   1.27

(参照)厚生労働省「職業安定業務統計」 令和2年7月

いかがでしたでしょうか?お住いのエリアの求人倍率はどうでしたか?


保育士の求人倍率は他職種に比べ、2倍あり、
仕事を探している保育士の方にとっては選びやすい状況があります。

しかし、同都道府県内の中でも求人が集中するエリアとそうではないエリアに
偏りが出ることもあり、人気のエリアや条件が良い求人は募集が出なかったり、
すぐに充足してしまうケースもあります。

転職を検討されている方はタイミングを逃さない為にも
1度専門のアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか?
登録をしておくと、求人サイトには掲載されない非公開求人に出会えることもあります。

厳選求人を見てみたい、相談してみたい