• 保育士・面接対策

保育士の面接対策10選

更新日:2020年10月23日


いよいよ面接本番!
内定を勝ち取るために押さえておきたい「10のポイント」をお伝えします。
突然の質問に慌てることがないよう、最終チェックしてみてくださいね。


10のポイント


【1】履歴書の準備はOK?~自分の魅力をアピールできる志望動機の書き方~

【2】面接は第一印象で決まる!

【3】自己紹介

【4】志望動機

【5】自己PR

【6】退職・転職理由

【7】保育感・なりたい保育士像

【8】成功・失敗・嬉しかったエピソード

【9】ストレス発散方法・趣味や特技

【10】最後に質問は?

【1】履歴書の準備はOK?~自分の魅力をアピールできる志望動機の書き方~


志望動機は自己PRに繋がる重要な項目です。下記の内容が漏れなく記載できているかチェックしましょう。

①なぜ保育士を目指そうと思ったのか

②なぜ転職をしようと思ったのか(書けない場合は省いても可です)

③なぜ貴園なのか(例:貴園の~という保育理念が~)

(④)ご自身の経験の中で何が活かせるか(ここは書ければ大丈夫です)

※①の代わりに④を入れても大丈夫です。

(例)私はこれまで~という経験をしてきて、〇〇を活かしていきたいと思っております。

貴園の△△という点に魅力を感じて、今回応募をしました。

※志望動機は長すぎても短すぎてもいけません。200~300文字を目安に記載しましょう。


【2】面接は第一印象で決まる!


部屋に入って、話を始めた時にはあなたの印象はほぼ決まりつつあります。

挨拶、笑顔、姿勢、ハキハキとした話し方を意識しましょう。

話す内容がどんなに良くても、最初の印象が悪いと内定をいただけない可能性があります。

参考ブログはこちらから


【3】自己紹介


自己紹介は30秒~1分程度で話せるよう準備しましょう。

(例)(フルネーム)と申します。本日はお時間を作っていただき、ありがとうございます。

現在△△園で勤めており、保育士経験は~年です。常日頃、□□というのを心掛けながら保育のお仕事をしております。

本日は宜しくお願いいたします。


【4】志望動機


履歴書の内容に沿って、志望している園を希望している理由を交えてお話ししましょう。


【5】自己PR


ご自身のアピールポイントとなります。過去の経験からその園で活かせる点をお話ししましょう。


【6】退職・転職理由


転職・退職理由が他人への責任転嫁になっていないか、ネガティブな考えではないか

を見られます。今の園に対する愚痴やネガティブな発言は避けましょう。その発言を

してしまった場合は「私にも至らない点がありまして」等、自分の言葉でフォローを

入れるようにしましょう。

参考ブログはこちらから


【7】保育感・なりたい保育士像


意欲や前向きさを見られます。

ご自身の大事にしている保育感は何か?今後どういった仕事・保育をしていきたいか?をお話ししましょう。


【8】成功・失敗・嬉しかったエピソード


その経験から学んだことがお伝えできるよう、具体的な例を挙げてお話ししましょう。


【9】ストレス発散方法・趣味や特技


気持ちの切り替え方、オンとオフのメリハリの付け方を見られます。

気持ちを切り替えるためにしていることをお話ししましょう。

(例)私は身体を動かすことが好きで休みの日には~をして、リフレッシュしています。


【10】最後に質問は?


何も質問がないと、面接官に本当にこの人は園に興味があるのかな?と思われてしまうことが

あります。下記の質問を参考にいくつか用意をしておきましょう。

(質問例)

各年齢の保育士さんの配置人数は?

朝と帰りの園児の預かり、お渡しのやり方は?

入職後の研修の内容と自身が参加できるか?など

参考ブログはこちらから

いかがでしたでしょうか?

何か不安な点があれば、あしたの保育士、キャリアアドバイザーにお気軽に相談くださいね。

あなたの転職活動が成功するよう、応援しています☆

ご相談はこちらから